プロ野球南海(現ソフトバンク)で捕手兼任監督を務め、ヤクルト、阪神、楽天でも指揮を執った野村克也(のむら・かつや)さんが11日午前3時半、虚血性心不全のため死去した。84歳だった。京都府出身。

中央学院・相馬幸樹監督(社会人野球・シダックスで野村監督の下でプレー)「プロ野球で実績を残された方が、その垣根をとって指導してくれたことは宝物。これからも野村さんに教わった『人間的成長なくして、技術の進歩なし』という言葉を高校生に伝えていきたい」