プロ野球南海(現ソフトバンク)で捕手兼任監督を務め、ヤクルト、阪神、楽天でも指揮を執った野村克也(のむら・かつや)さんが11日午前3時半、虚血性心不全のため死去した。84歳だった。

   ◇   ◇   ◇

阪神揚塩健治球団社長 突然の悲報に接し、大変驚いております。野村さんには、2003年の優勝をはじめ、その後現在に至るまで、常に優勝争いを行えるチームの礎を築いてくださり、大変、感謝しております。野村さんのID野球の教え子が、今では指導者として数多く指導に当たっているなど、プロ野球界に残していただいた野村さんのご功績に敬意を表しますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします。