<練習試合:日本ハム0−5阪神>◇11日◇沖縄・名護

実戦初登板となった阪神青柳晃洋投手は、収穫と課題の両方を手にした。2番手で3回を投げて2安打1死球無失点。課題とする左打者にカットボールやシンカー、内角のツーシームなどを試し「幅が広がっていけばと思います」。

コントロール面では、捕手のボール要求にストライクを入れてしまう場面もあり「外すところ、入れるところというのは今後、課題になってくる」。昨季9勝右腕が、さらなる高みを目指してレベルアップを目指す。