<練習試合:巨人5−2韓国サムスン>◇15日◇沖縄セルラー那覇

巨人小林誠司捕手が、チームの対外試合初アーチで存在感を示した。1点リードの4回、左翼席へソロ。リードでも桜井、田口を無失点に導いた。「結果を求められる立場ですし、明日も結果を求めていきたい。何とか結果を出したいです」と“結果”を3度繰り返した。

ハイレベルな正捕手争いが繰り広げられる。宮崎キャンプでは、大城が連日の3安打と盗塁阻止。岸田も攻守でレベルアップを証明した。S班だった炭谷も順調に調整。原監督から「小林もうかうかできないよ」と言われたが、対外試合初戦で結果を残した。

指揮官の目にも、変化が映った。「第3クールくらいから、練習も集中力を増していって、練習をきちっとやってると結果も出る。打つべくして打った形」と評した。小林は「練習でやってることを試合で出せるように。どんどんアピールしていきたいです」と気を引き締めた。【久保賢吾】