<練習試合:広島3−4中日>◇20日◇マツダスタジアム

あるぞ、勝利のサウスポー方程式! 中日のドラフト2位橋本侑樹投手(22)が20日の練習試合・広島戦で好投した。2番手で7回に登板。先頭松山を三ゴロ、続く会沢は中飛に打ち取った。代打堂林も遊ゴロで、決め球はオール直球の3者凡退だった。切れ味鋭いスライダーが武器だが、この日最速145キロを計測したストレートも十分に通用する。「今日はしっかり真っすぐを投げることができた。(開幕延期で)アピールする時間が増えたので、気持ちを切らさずにいきたい」と自信を深めた。

新人左腕は、オープン戦3試合4イニングで得点を許さなかった。この日も無失点を継続。リリーフでの開幕1軍が見えてきた。8回には新戦力ゴンサレスが無安打無失点。9回に守護神候補の岡田が登板し、左腕リレーが実現。与田監督は「右打者に対して、(投手の)右左などは気にしていない。橋本もゴンサレスも1年目で適応しようとする姿勢がいい」と評価した。昨年52試合に登板した福を合わせた左腕による勝利の方程式となれば、異例だ。新戦力の台頭で、与田竜が投手力強化をもくろむ。【伊東大介】