<練習試合:広島3−4中日>◇20日◇マツダスタジアム

広島大瀬良大地投手(28)が、当初開幕予定だった中日戦で公式戦さながらに今年最長の7回を投げ、打席にも初めて立った。6回まで単打2本で無失点。7回に不運な当たりや浮いた球を捉えられて失点し、7回7安打4失点だった。それでも「僕の中では結果ほど悲観するほどではないと思っている」と前を向いた。

1回は直球と得意球のカットボールで押すも、2回から組み立てを変えてカーブやフォークボールを多投。「あまりカットボールを使わずに真っすぐとカーブ、フォークで抑えられた。違ったバリエーション。配球にしてもいいものが見せられた。今後につながっていくんじゃないかなと思います」。2回はフォーク、スライダー、真っすぐといずれも違う決め球で阿部、平田、京田を3者連続三振。投球の幅が広がる可能性を感じた。

前回13日のソフトバンク戦での5回4失点から修正と改善が見られ、2戦続けて101球とスタミナ面の不安はない。加えて、現時点で最短の開幕4月10日でも当たる中日の目先を変える餌をまくこともできた。バッテリーを組んだ会沢は「その意味合いも当然ある。前回の投球を踏まえて、大地といろいろ話をして組み立てられた」と振り返った。

今年初の実戦打撃では5回1死一塁でバスターを決め、内野安打。実りある試合で弾みをつけた右腕は「あとは微調整や、やりたいことに集中できる」と先を見据えた。今後は1度登板機会を空け、次回は4月第1週の週末を予定する。そこから定められた開幕日に合わせていく。【前原淳】