<練習試合:ヤクルト0−10阪神>◇22日◇神宮

 

8回から5番手で登板した阪神浜地真澄投手が2回無失点と好投した。先頭渡辺に中前打を許したが、1死後に塩見、西浦を連続三振。「結果を出さないといけない立場。ランナーを出したけどゼロに抑えられて良かった」。

春季キャンプ中の練習試合から実戦5試合に登板して、いまだ無失点。中継ぎ候補の4年目右腕がアピールを続けている。