<練習試合:広島8−9中日>◇22日◇マツダスタジアム

本拠地での中日戦に先発した広島のドラフト1位森下暢仁投手(22)は、対照的に直球、変化球ともに徹底して低めを突き、6回2失点。精度の高さを存分に発揮した。

すでに開幕ローテ入りを決定づけている広島森下が好投した。ベストオーダーに近い中日相手に6回7安打2失点。プロ入り最長の101球を投げ切った。

4回までは直球の半数がボールとなるなど引っかける球もあったが、徹底して低めに集めた。前回精度を欠いたカーブを修正。カウント球としてだけでなく、勝負球としても使った。2回は郡司から三振も奪い「変化球が良ければテンポ良く投げられる」。5回以降は直球の精度も上がった。

実戦の打席にも立った。3回無死一塁の初打席はバントの構えにチャージする一塁手、三塁手の動きに「多少強くなっても天然芝なので、打球が死んでくれるかなと思って。投手前でもいいという意識でした」と判断。冷静に初球を投手前に転がして犠打を決めた。

中日先発の小笠原は同学年で、U18のチームメート。5回の第2打席は2球ファウルの後、二邪飛に終わり「悔しかったです。次は打ちたいです」と笑った。2打席連続三振に切った郡司も大学時代にしのぎを削った同学年。「大学の時はよく打たれたのですが、うまく抑えられて良かったと思います」。プロでの対戦に気持ちを高ぶらせた。

開幕は不透明だが、このまま日曜日に登板していく予定。「サンデー森下」の順調な仕上がりに佐々岡監督も「うまく緩急を使いながら投げていた。前回の反省を生かした投球だったと思います」と合格点を与えた。【前原淳】