<2軍練習試合:阪神6−3ソフトバンク>◇24日◇鳴尾浜

阪神ドラフト4位遠藤成内野手(18=東海大相模)が“プロ初本塁打”を放った。「2番三塁」でスタメン出場し、初回の第1打席、2ボール1ストライクからの内角直球をバックスクリーンへ。ボードにバンッと直撃した音もしっかり耳に入っていた。「聞こえました。気持ちよかったですね。ちょっと詰まったけど風に乗ってくれた」と喜んだ。

「初球のストライクから振れたことが本塁打につながった」と、初球をファウルにしたことを要因に挙げた。20日からの中日3連戦(ナゴヤ)で、中日ドラフト1位石川昂弥内野手(18=東邦)が初球から積極的に打つ姿を見て「自分も見習った」と参考にした。昨年韓国でのU18W杯をともに戦った石川昂も、ヤクルトのドラフト6位武岡龍世内野手(18=八戸学院光星)も、この日そろって2軍練習試合で“プロ初本塁打”を放った。遠藤は2回にも右翼越え2点適時三塁打を放ち2安打3打点。同世代で刺激し合い、将来スターの座をつかむ。