<練習試合:DeNA5−9阪神>

阪神が3失策で守備の不安を露呈した。初回にマルテが、中井の三塁線への打球をトンネル。2回2死一、二塁では中井のボテボテの当たりを一塁へランニングスローも悪送球。タイムリー失策となった。その直前には糸原が適時失策と先発高橋の足を引っ張った。

序盤の守乱に矢野監督は「去年からの課題であるエラーも、こういう形でやるのもプロとして良くない」とバッサリ。離脱中の近本に代わって2番起用したマルテについても「(初回に)四球を選ぶのもマルテの長所。だからこそ守備を頑張ってくれよ」と嘆いた。

マルテは「1日1日、しっかり練習して(三塁守備を)自分のものにしたい」と前を向いた。改めて開幕日が設定されたが、ハッキリとは定まらない状況でモチベーションを保つ難しさはある。寒の戻りの横浜で両軍合わせて6失策。寒さが身に染みる内容だった。