<練習試合:DeNA0−0阪神>◇25日◇横浜

「6番三塁」で先発した阪神大山悠輔内野手がマルチ安打と気を吐いた。2回1死一塁で右翼フェンス直撃のヒットで一、三塁と好機拡大。

「意識していることがしっかり出来たので、その結果がヒットになった」。9回1死ではフルカウントから左前打で、3打数2安打1四球とした。開幕が先延ばしになり、まだ続くポジション争いへ「もっと上のレベルに」と意気込んだ。