<ヤクルト5−6巨人>◇26日◇神宮

ヤクルトの2番に座る山田哲人内野手が、一振りで雰囲気を変えた。

1点を追う6回無死一塁、カウント2−2から巨人の先発菅野の高めに浮いた148キロ直球をとらえた。バックスクリーン左横に飛び込む3号2ランで逆転に成功。「追い込まれていたので、コンパクトにセンターを意識して打つことを心がけました。いい角度で上がってくれました」とコメントした。

先発の石川が6回まで1失点と好投しており「石川さんがいいピッチングをしていたので、なんとかしたい気持ちもありましたし、こういった場面で打てたのはよかったです」と話した。