6連戦のまっただ中、12球団の開幕投手が今季2度目の先発マウンドに立った。現在の日本球界で最も投球偏差値の高い面々は、どんな筋書きを描いたのか。全球チャートで追跡する。

※配球図は全て投手から見たもの

◇   ◇   ◇

<DeNA6−0阪神>◇26日◇横浜

◆DeNA今永の執念 クロスファイアのチェンジアップを、執ように低めへ集めた。右打者の内角、左打者の外角。本来、抜き球であるチェンジアップは右打者の外角、左打者の内角に沈めるケースが多い。持ち球の中でも“宝刀”の球種を勝負球として多投した。対のボールとして使った高めの直球も実に効果的だった。