6連戦のまっただ中、12球団の開幕投手が今季2度目の先発マウンドに立った。現在の日本球界で最も投球偏差値の高い面々は、どんな筋書きを描いたのか。全球チャートで追跡する。

※配球図は全て投手から見たもの

◇   ◇   ◇

<ヤクルト5−6巨人>◇26日◇神宮

◆巨人菅野の鬼門 序盤から高めには強い球、低めへは縦の変化球を厳しいコースに集め、ヤクルト打線を封じていった。降板した6回は、ボールが同じポイントに到達していても制御できたか否かに大きな差があり、痛打された。球速に差はなくとも、狙い通りと抜けたボールには、宿る力に大きな差がある。