6連戦のまっただ中、12球団の開幕投手が今季2度目の先発マウンドに立った。現在の日本球界で最も投球偏差値の高い面々は、どんな筋書きを描いたのか。全球チャートで追跡する。

※配球図は全て投手から見たもの

◇   ◇   ◇

<中日1−4広島>26日◇ナゴヤドーム

◆中日大野雄大の落とし穴 直球の走りは抜群だった。1回から直球で押し、12球のうち9球が直球で3者凡退。2回の先頭鈴木誠に対しても6球直球を続けた。150キロを2度計測し差し込んだが、7球目の失投でもないツーシームを左翼席へ運ばれた。好調そうに見えたが、先に失点し苦しい展開になった。