6連戦のまっただ中、12球団の開幕投手が今季2度目の先発マウンドに立った。現在の日本球界で最も投球偏差値の高い面々は、どんな筋書きを描いたのか。全球チャートで追跡する。

※配球図は全て投手から見たもの

◇   ◇   ◇

<楽天7−1日本ハム>◇26日◇楽天生命パーク

◆楽天則本昂大の外角直球 要所で外角にビタッと決まる直球が生命線だった。右打者にも左打者にも外への直球をミリ単位で制球した。チェンジアップ、カーブとの緩急も効果的で、ストライクゾーンの中で勝負できる球威を高めた。真ん中から真ん中高めへの失投は皆無で、丁寧さと力強さが同居した内容だった。