6連戦のまっただ中、12球団の開幕投手が今季2度目の先発マウンドに立った。現在の日本球界で最も投球偏差値の高い面々は、どんな筋書きを描いたのか。全球チャートで追跡する。

※配球図は全て投手から見たもの

◇   ◇   ◇

<ロッテ6−5オリックス>◇26日◇ZOZOマリン

◆ロッテ石川は初回に泣く 立ち上がりに苦しみ、流れをつかめなかった。初回だけで25球。半数の12球がボールゾーンへの投球だった。先頭にストレートの四球。4番ジョーンズにはボール3とカウントを悪くし、3−2から甘く入ったカットボールを被弾。2回以降は粘りの投球を見せただけに、この回が痛恨だった。