6連戦のまっただ中、12球団の開幕投手が今季2度目の先発マウンドに立った。現在の日本球界で最も投球偏差値の高い面々は、どんな筋書きを描いたのか。全球チャートで追跡する。

※配球図は全て投手から見たもの

◇   ◇   ◇

<西武7−4ソフトバンク>◇26日◇メットライフドーム

◆ソフトバンク東浜の頭脳的投球 1巡目は直球主体で西武打線を封じたソフトバンクバッテリーだったが、2回り目からは変化球主体にチェンジ。山賊打線に的を絞らせなかった。それだけに、山川に浴びた2発が痛い。いずれも甘く入ったカウント球を捉えられたもの。何とも手痛いコントロールミスとなった。