<楽天18−4日本ハム>◇27日◇楽天生命パーク

先発した日本ハム加藤貴之投手の乱調が、大敗の発端となった。

3点の援護を受けた5回、先頭の茂木に四球を与えると、鈴木大、ブラッシュに連打を浴びて降板。2番手以降も次々と炎上した。4回0/3、6安打4失点に「勝ち越してもらった後、踏ん張り切ることができませんでした。チームに申し訳ない気持ちでいっぱいです」と悔しさをにじませた。