<ヤクルト9−6巨人>◇27日◇神宮

ヤクルトの若き主砲村上宗隆内野手の1発が、打線に元気を与えた。

2点を追う6回、巨人2番手高木の9球目、甘く入った144キロ直球を豪快に右中間スタンド上段へ運んだ。「追い込まれていたので、コンパクトに強くをイメージして打ちました」。

その後、打線は一気に逆転。高津臣吾監督は「本塁打は、流れをがらっと変えられる。それができるのが村上、それができるのが4番打者」と評価した。