<中日6−1広島>◇27日◇ナゴヤドーム

広島先発の床田寛樹投手が2回5安打3失点と乱れた。初回に2本の長打を浴びるなど、2点を先取され、2回にも追加点を献上。「試合を作れず申し訳ないですし、悔しいです」。

前回20日DeNA戦も5回3失点だっただけに、佐々岡真司監督は「前回と同じような繰り返し。ただ真ん中ばかりに投げているだけに見える。もっと自覚と責任を持たないと。そういう姿が見えない」と厳しく指摘した。引き分けを挟んだ連勝は「2」で止まった。