<DeNA6−8阪神>◇27日◇横浜

ある意味、ゲーム序盤でもっとも衝撃的なシーンだった。阪神新助っ人ボーアが来日初アーチを架ける前に、まさかの来日初盗塁を決めた。

5番一塁で2日ぶりにスタメン復帰。1点先制直後の1回2死三塁、右腕ピープルズの外角高めチェンジアップに逆らわず、三遊間を抜いた。来日初適時打で初打点をマークすると、直後の2死一塁から二盗に成功。1度はリクエストされたが判定は覆らなかった。

「自分は足は速くないけど…。一塁にいて長打でホームまでかえるチャンスが高い訳ではないから、投手に隙があれば、いつでも次の塁を狙っている。それが今日はうまくいって良かったよ」。メジャーでは通算3盗塁。サプライズに成功してニンマリだ。

8回には先頭で右腕国吉から左翼フェンス直撃の安打を放ち、これまた来日初のマルチ安打も記録。初物尽くしの1日を劇的勝利で終え、試合後は「勝ってうれしい! とにかく、それだけだよ。最高の勝利だね!」と興奮気味だった。

開幕から18打席連続ノーヒット。開幕3戦目には4番から6番に降格した。前日26日DeNA戦は左腕今永対策で初めてスタメンも外れたが、先発した直近3試合はすべてHランプをともしている。

矢野監督は「おもしろいこと(盗塁)もしてくれた。打席の中でもだいぶ雰囲気が出てきている。楽しみになってきた」と期待。いまだ実戦で25打席連続無安打の左腕からも1本が出れば、一気に勢いに乗るかもしれない。【佐井陽介】