<DeNA6−8阪神>◇27日◇横浜

阪神矢野燿大監督はサンズ弾につながった植田海内野手を激賞した。

1点ビハインドの9回。2死から4番マルテが四球を選んだ。矢野監督は代走植田をコール。次打者大山がカウント2−1になったところで、植田はDeNA山崎から2度の一塁けん制を受けた。迎えた4球目。スタートを切り、今季初盗塁に成功。DeNAベンチからリプレー検証が要求されるほど際どいタイミングだったが、セーフで得点圏に進み、重圧をかけた。結果、大山の四球にも結びつき、劇的なサンズ弾が飛び出した。

矢野監督は「あそこで盗塁は超スペシャルな(働き)。あそこでいけるのは(植田)海の強さ。あの展開作ったっていうのは。1面でもいいんじゃないかと思うくらいの走塁やと思う」。連敗が続く中、あと1アウトの状況からの盗塁が、大きな勝利への糸口となった。