<DeNA9−1阪神>◇28日◇横浜

矢野阪神が歴史的貧打で98年以来の開幕3カード連続負け越しとなった。8得点を奪った前日27日から一夜明け、5安打1得点と打線が沈黙した。開幕9試合で12球団ワーストとなるチーム打率2割4厘。球団では2リーグ分立後、ワースト3位となる低空飛行だ。投手陣も踏ん張れずに、2勝7敗。泥沼から抜け出させるのか。苦しい戦いが続く。

   ◇   ◇   ◇

勢いが2日続かない。矢野監督の悩みも深い。

「(好転の)きっかけになりそうな試合、2つしか勝ってないけど、2つとも2ケタ安打を打って、これで波に乗ってくれたらなというところがありながら…。今日も立ち上がり1点取って、あそこから点取れない。波に乗れないな、というのはもちろんある」

11安打するなど劇的な逆転勝利を飾った前夜から一転し、連打なしの5安打。今季初勝利の23日は12安打を記録したが、翌24日に4安打1点負け。前回同様、今回も打線は沈黙。今季初連勝とはいかなかった。

4番マルテ、5番ボーア、6番サンズと2戦連続で助っ人3野手そろい踏み出場のMBS打線で臨んだ。だが、前日逆転3ランを放ったサンズは無安打。2点を追う4回1死一、二塁でDeNA平良の外角球に手が出ず、見逃し三振。最終回も見逃し三振だった。

ボーアは9回にパットンから安打を放つなど、上昇気配をみせている。ただ、7回に石田から見逃し三振を喫し、対左腕とは来日後の実戦で26打席連続無安打(シーズンでは8打数無安打)。“左腕アレルギー”は解消できなかった。

さらに気がかりなのは1番近本。初回に四球と盗塁で先制点に貢献したが、2試合連続無安打で打率は規定到達者ワーストの1割1分4厘。矢野監督も「チカが機能してくると、相手にとっても嫌になる。近本の復調というか、まずは何回もチャンスメークを多くできるというのがウチにとって大事と思うけど」。昨年159安打でセ新人最多安打記録を更新したヒットメーカーの復調を願う。

チーム打率は12球団ワーストの2割4厘しかない。長い猛虎史を見ても、開幕9試合を終えた段階では、2リーグ分立後、ワースト3位となる数字だ。得点も19で12球団唯一の10点台。歴史的貧打もひびき、開幕から3カード連続負け越しは98年以来、22年ぶり。9試合終えた時点での2勝7敗も同年以来。打線の低迷だけでなく投手陣も12球団ワーストのチーム防御率5・42と、厳しい数字が並ぶ。次週こそ白星を連ねて、低空飛行から脱出したい。【松井周治】

▽阪神清水ヘッドコーチ(逆転勝ちした27日の前戦の流れを生かせず)「今日は大事だったんだけど、こういう結果になって申し訳ない。(ビジター残り6試合は)1戦1戦、今まで以上に集中して1打席、1球に集中してやるしかない。悪い流れなんだけど、それを断ち切れるように1人1人がもう1回、元気出して、うちらしい野球をしていくしかない」

▽阪神井上打撃コーチ(ボーアについて)「スイング自体も彼本来のものに近づいてきている。左に1本出るのも時間の問題だと思う。(近本は)できていたものができない状態で彼ももがいている。休みも挟むので、コミュニケーションの中で解消する方向に持っていけたら」

▼9試合を終えた時点での阪神チーム打率2割4厘は、2リーグ分立後の球団ワースト3位。(1)59年1割8分9厘、(2)62年2割3厘に次ぐ。もっとも今年より悪かった両年は、ここから挽回。59年は最終的に2位に浮上。62年は小山正明、村山実の両エースが計52勝を稼ぎ、初のセ・リーグ優勝を果たしている。今年も続くか。

▼9試合を終えた時点での阪神のチーム得点19点は、59年の16点に次ぎ2リーグ分立後球団ワースト2位。チーム打率2割4厘は、同じくワースト3位。59年1割8分9厘、62年2割3厘に次ぐ。もっとも、過去の貧打の年はここから挽回。59年は最終的に2位に浮上した。62年は小山正明、村山実の両エースが計52勝を稼ぎ、初のセ・リーグ優勝を果たしている。今年もこのままでは終われない。