ロッテは29日、7月12日の西武戦(ZOZOマリン)で今季1回目の「マリンフェスタ」を実施することを発表した。

同企画は“毎月ファン感謝デー”の開催をテーマに、15年から実施。フェスタ当日は選手、首脳陣が空色のユニホームを着用し、プレーする。

ユニホームの背ネームは、1月に球団ホームページで募集したニックネームが採用されている。最多の465票の応募があったのは、ドラフト1位・佐々木朗希投手(18)。背ネームは「RO−TAN」に決まった。幼少期の愛称「ろうたん」にちなんだものと思われる。

佐々木朗は「自分としてはちょっと恥ずかしいというのが正直なところありますが、ファンの方が考えてくれたニックネームですのでうれしいですし、面白いとは思います。このユニホームを着られるように頑張ります」とコメントした。

3月入団の鳥谷敬内野手(39)は受け付け締め切り後のため、自身で「TORI」に決めた。

「面白い企画で、このユニホームを着るのをとても楽しみにしています。自分は(背ネームは)見えないので、ファンの皆様が楽しんでいただければと思います」と話した。

全選手、首脳陣の背ネームは30日午前10時に球団公式ホームページで発表される。