<中日5−0阪神>◇30日◇ナゴヤドーム

阪神能見篤史投手(41)が、今季チーム初となる満塁弾を浴びた。

0−1の7回、先発の青柳のあとを受けて登板。先頭の木下拓を三振に取るも、武田に四球、大島に右前打、平田に四球で1死満塁。今季早くも5試合目の登板となるベテラン左腕は、アルモンテに初球を左翼スタンドに運ばれ、一気に4点を失った。