<巨人5−2DeNA>◇30日◇東京ドーム

巨人岡本和真内野手が、自らの24歳の誕生日を豪快なアーチで祝った。

8回1死、エスコバーの156キロの速球をフルスイング。中堅バックスクリーン左にたたき込み、ダメを押した。「誕生日は自分で祝うものじゃないんで。チームが勝って、うれしかったです」。自身の記念日には淡々とコメントし、チームが勝利した喜びを繰り返した。

3戦連発となる豪快な1発で魅了すれば、玄人好みの技ありの一打で試合を振り出しに戻した。1点を追う6回1死一、二塁。「何とかランナーをかえそうと。食らいついた結果」とカットボールを右翼線に運んだ。試合前のミーティングで誕生日を祝ってくれたチームメートに向け、一塁上で珍しくガッツポーズを決めた。

10試合を終え、打率4割7分5厘、5本塁打、12打点で打撃3部門でトップに立った。「まだ、始まったばかりなんで」と意に介さなかったが、得点、安打、出塁率や長打率、得点圏打率も1位。打席の中での風格に、2代目若大将と命名した原監督は「見ての通りですよ。まさに若大将のごとく、チームを引っ張ってくれている」と愛称通りの活躍を称賛した。【久保賢吾】