<ヤクルト4−3広島>◇1日◇神宮

ヤクルト村上宗隆内野手(20)が、一振りで4番の仕事を果たした。

1点を追う1回1死二、三塁で、カウント0−2から広島の先発K・ジョンソンの3球目、内角への144キロ変化球をコンパクトに振り抜き、適時中前打を放った。2点を返し、勝ち越した。

1回に、一塁の守備で三ゴロを捕球できず(結果は三塁手西浦の失策)先制を許しており「自分のミスで先制されてしまったので、何とかしたかったです。ランナーを返すことができて、よかったです」とコメントした。