<ヤクルト4−3広島>◇1日◇神宮

ヤクルト西浦直亨内野手が、2号2ランを放った。

2−3で迎えた4回無死一塁、カウント1−1から内角の131キロスライダーにうまく合わせ、左翼スタンドへ運んだ。「流れがあまり良くなかったので、後ろにつないでチャンスにする気持ちでしたが、いい角度で上がってくれました」とコメントした。

初回には失策で先制を許しており、自身のバットでミスを帳消しにした。