<中日6−3阪神>◇1日◇ナゴヤドーム

阪神にまたも衝撃の適時失策が飛び出した。

4点ビハインドとなった直後の5回1死一、三塁。5番高橋の二塁正面への平凡なゴロを糸原健斗内野手が後逸。併殺コースと思われた当たりを適時失策し、6点目を奪われた。

同点に追いつかれた直後の4回2死一塁にはジェフリー・マルテ内野手(29)が適時失策していた。6番阿部の三遊間へのゴロをさばいたまでは良かったが、二塁送球が遅れた上に引っかけて悪送球。力を込めた送球が転々とする間に、一塁走者の高橋に勝ち越しのホームインを許していた。

試合前時点で2勝8敗。貧打と中継ぎ陣の不調に苦しむ状況で、守備陣までリズムを崩し始めている。