<中日6−3阪神>◇1日◇ナゴヤドーム

阪神望月惇志投手(22)が今季初めて登板した。2−6の7回に4番手でマウンドへ。いきなり先頭の平田に中前打。続くアルモンテの打球は投−遊−一の併殺かと思われたが、打球を処理した望月の遊撃への送球が大きくそれ、1死も取れず。だが無死一、二塁のピンチで踏ん張り、ビシエドを二ゴロ併殺。高橋も抑えて無失点で切り抜けた。