阪神メッセンジャー11勝目、ヤクルト打線精彩欠く

阪神メッセンジャー11勝目、ヤクルト打線精彩欠く

<阪神3−0ヤクルト>◇4日◇京セラドーム大阪

 阪神先発メッセンジャーは3回まで無失点で発進した。ヤクルト先発ブキャナンは3回を9人で片づける完璧な立ち上がりだった。

 阪神は5回無死一塁、鳥谷の中前打でヤクルト守備陣の中継プレーが乱れ1点を先制。ヤクルト打線は中盤も決定打を欠いた。

 阪神は7回、中谷が12号2ランを放って追加点。メッセンジャーが今季初完封で11勝目を挙げた。ヤクルトはブキャナンが9敗目。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索