<西武8−7ソフトバンク>◇27日◇メットライフドーム

序盤から乱打戦。ソフトバンクが柳田、栗原の2ランなどで3回までに7点を取ると、西武も中村の2ランなど3回までに5得点。

西武、ソフトバンクとも2番手以降の投手が踏ん張った。西武のドラフト1位宮川は初めて複数回登板。2回2安打無失点だった。

西武は2点を追う7回2死一、三塁、山川がここ2試合で3本目となる4号逆転3ランを放った。連日の逆転劇で5割に復帰した。勝ち投手は西武小川で1勝目、増田が3セーブ目、負け投手はソフトバンク岩崎で2敗目。