新型コロナウイルスの感染拡大により、メジャーの今季開幕は延期となり、春季キャンプも中止に。選手たちも自宅など屋内で過ごす日々が続くなか、SNSでは普段は見られないような選手たちの様子が多くあがっている。

MLB公式サイトはそんな選手らの投稿に注目。先日にはブレーブスのフレディ・フリーマン内野手が3歳の息子をピッチャーに見立てて打撃練習をする動画や、ヤンキースの先発右腕ゲリット・コール投手が“剛腕”の妻とキャッチボールをしている動画などが取り上げられた。

そして、今回ピックアップされたのはインディアンスのカルロス・カラスコ投手のインスタグラムの投稿。2〜4歳くらいとみられる息子ノアくんと一緒に自宅でキャッチボールをする動画で、父親のピッチングフォームを上手にまねて投げるノアくんの姿がなんとも愛らしい。

また、オリオールズの公式ツイッターがあげたブランデン・クライン投手の動画も紹介。約10キロ前後のふわふわの愛犬を抱えたままスクワットをする動画に、記事は「一生離したくないバーベル」とコメントしている。

コロナウイルスの終息にいまだめどが立たないなか、選手たちのほっこり動画も続きそうだ。