実質9人で臨んだ枝幸「楽しくできた」/北北海道

実質9人で臨んだ枝幸「楽しくできた」/北北海道

<高校野球北北海道大会:網走南ケ丘2−0枝幸>◇18日◇1回戦◇旭川スタルヒン

 選手10人で臨んだ枝幸は0−2で敗れ、初戦突破はならなかった。

 大黒柱の山上透真投手(3年)が7安打2失点と力投したが、打線が散発4安打に封じられた。2試合を勝ち上がった名寄地区予選の後、2年生の正左翼手が負傷し、実質的に9人の戦いだった。

 松嶋星憲(しょうた)主将(3年)は「ここまで山上中心にやってこられた。最後まで楽しくできた」と、敗戦の中にも充実感を漂わせていた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索