市川越のメンディス海は14奪三振も惜敗/埼玉

市川越のメンディス海は14奪三振も惜敗/埼玉

<高校野球埼玉大会:北本1−0市川越>◇18日◇4回戦◇大宮公園野球場

 市川越が0−1で敗れ4回戦で姿を消した。左腕エースのメンディス海投手(3年)は14三振を奪ったが1点に泣いた。

 「3回の失点が負けの原因。みんなに申し訳ない」と号泣。「ここまでみんなで必死に戦ってきた。それを思ったら勝手に涙が出ちゃって…」と話すとまた涙があふれた。

 新井清司監督は「メンディスは良く投げたが、打てなかった。相手投手を攻略できると思ったんですが。夏の怖さですね」とわずか3安打に抑えられ肩を落としていた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索