伝説の嶋清一投手ばり、向陽・小林0封好投/和歌山

伝説の嶋清一投手ばり、向陽・小林0封好投/和歌山

<高校野球和歌山大会:向陽5−0和歌山高専>14日◇2回戦◇紀三井寺野球場

 伝統校の向陽が、エース小林亮太投手(3年)の好投で3回戦進出を決めた。初回の2死満塁のピンチを無失点で切り抜けると、危なげないピッチングで8回を投げ、許した安打はわずか2。9回は松野椋太投手(3年)にマウンドを譲ったが「初戦にしてはいいピッチングができた」と完封勝ちに貢献した。

 向陽は1921年(大10)に創部で、旧制の海草中時代に1939年、1940年の夏の甲子園を連覇した伝統校。39年は伝説の投手・嶋清一さん(享年24)を擁して優勝した。小林は嶋さんについて「甲子園で準決勝、決勝とノーヒットノーランされたということは記憶に残っています。雲の上の存在ですごすぎる方だけど、向陽のピッチャーが最大の目標にするなら嶋さん」と偉大な先輩の背中を追い続けている。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索