八戸学院光星 2日前に亡くなった部員に捧げる1勝

八戸学院光星 2日前に亡くなった部員に捧げる1勝

<全国高校野球選手権:八戸学院光星9−8明石商>◇11日◇1回戦

 八戸学院光星(青森)が明石商(西兵庫)を延長戦の末破り、夏の甲子園20勝目を挙げた。試合後のインタビューで仲井宗基監督が2日前に2年生部員が亡くなっていたことを明かした。

 「今年のスローガンは『一丸野球』なんです。実は2日前に2年生部員が病気で亡くなりました。その2年生の分まで頑張ろうと。選手全員の力でつかんだ勝利です。(亡くなった部員も)喜んでくれていると思います」と話した。

 八戸学院光星は一時6点あったリードを追いつかれ8−8で延長戦へ。10回表に1点を勝ち越して勝利を挙げた。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索