<ドラフト候補生全員!? 会いに行きます>

<オープン戦:立命大3−3大産大>◇24日◇立命大グラウンド

今秋ドラフト候補の立命大の栄枝(さかえだ)裕貴捕手(4年=高知)が24日、京都市内の同校グラウンドで大産大とのオープン戦にフル出場し、盗塁を2度阻止と代名詞の強肩で存在感を示した。

走者を背負った場面ほど腕が鳴る。「走ってきたら一番の見せ場だと思っています」。先頭打者の出塁を許した3回。1死一塁から二盗を試みた走者を矢のような送球でアウト。1点ビバインドの5回には1死一、二塁で9番打者を空振り三振に斬り、見透かしていたかのように即座に三塁へ転送。「自信あるので、本当に。アウトやでと」。相手が試みた三盗を阻み、してやったりだった。

二塁送球最速1・8秒の肩がウリ。中学時代からキャッチボールの際には、常に低いライナー性の軌道で投げる意識を徹底。送球の確実性と強さが備わる相棒を作り上げた。オリックスとともに視察に訪れた阪神の熊野スカウトは「あれだけ肩が強い子はいない。余裕がある感じがする。(プロでも)十分いけると思う」と絶賛した。

なお、試合は3−3で引き分けた。【望月千草】