<オープン戦:早大2−0横浜商大>◇26日◇早大・安部球場

早大の新1年生、熊田任洋内野手(東邦)が9番遊撃でフル出場した。

1回表、先頭打者でいきなり遊ゴロが飛んできたが難なくさばいた。併殺も2回、成立させた。再三の守備機会をこなし「(公式戦ではなく)練習試合というのもありますが、持っている力は守備では出せていると思います。緊張する方なんですが、先輩方が良くしてくれているので、思うようにできています」と明るく話した。

昨春センバツで優勝を経験。新人ながら、そつのない動きに、小宮山監督も「修羅場をくぐっている。落ち着いて見ていられる」と評価した。

熊田本人は打撃を課題に挙げた。2打数無安打に終わり「思った通りの結果が出せていません」。捉えたつもりでも、思った以上に差し込まれてしまうという。「高校との違いですね。球の力が違う」と大学レベルを実感している。課題を自覚しながら、成長を誓った。