<高校野球練習試合:静岡高6−5加藤学園>◇27日◇静岡高グラウンド

来月11日開幕の「夏季静岡県高校野球大会」の組み合わせが27日、代理抽選によって決まった。優勝候補の静岡商は2回戦から出場し、星陵対桐陽の勝者と対戦。昨夏県王者の静岡高は、1回戦で三島北と対する。両校はこの日、校内のグラウンドで練習試合を行い、静岡商のエース高田琢登投手(3年)が昨秋県王者の藤枝明誠戦に先発。4回1安打無失点と好投した。静岡は加藤学園と対戦。7回に4番関宮楓馬捕手(3年)が犠飛を放ち、6−5でサヨナラ勝ちした。

    ◇   ◇    ◇   ◇

1点リードの5回から登板した加藤学園エース肥沼竣投手(3年)が、静高打線につかまった。

6安打3失点を喫し、試合後は肩を落とした。「静高は強かったです」。今後は、飛龍との初戦が決まった来月の県大会、8月の「甲子園交流試合」と公式戦が続く。「もっと力をつけて、悔いのないようにしたい」と声を絞り出した。