錦木「デカイから思い切り」魁聖破り連敗4で止める

<大相撲初場所>◇7日目◇14日◇東京・両国国技館

 西前頭11枚目の錦木(26=伊勢ノ海)が、東前頭9枚目の魁聖(30=友綱)を破り、3日目からの連敗を「4」で止めた。

 立ち合いで頭から当たると、左手で相手の右脇を押し上げ、右前まわしをつかんで寄り切った。5日ぶりの3勝目に「連敗が止まって良かった」と胸をなでおろし「相手がデカイからとりあえず思い切り行こうと思った」と振り返った。入幕5場所目。昨年九州では自己最高位の東前頭6枚目まで番付を上げたが、4勝11敗に終わった。その苦い経験を糧に、今場所は巻き返したい。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる

スポーツの主要なニュース

スポーツのニュース一覧へ

08時07分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索