阿武咲、勢い止まる2敗目「一生懸命やるだけです」

<大相撲夏場所>◇7日目◇20日◇東京・両国国技館

 新入幕の勢いに一時停止のブレーキがかかった。

 初日黒星発進も、2日目から5連勝していた東前頭14枚目の阿武咲(20=阿武松)が、東前頭14枚目の千代大龍(28=九重)に引き落としで敗れ、2敗目を喫した。

 千代大龍が右から張った立ち合いも互角で、その後の突き押しの応酬も腰が据わったように見えたが、タイミングのいい引き技に、阿武咲は前のめりで両手をバッタリと着いてしまった。

 相手の引き技については「(警戒)していなかった」と言い、むしろ「左を気にしていた」と攻撃に注意を払っていたようだ。連勝は止まったが、勝ち越しには残り3勝、さらにその先には場所前に語っていた2桁勝利という目標もある。「自分の相撲に集中して、一生懸命やるだけです」と切り替えていた。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

16時19分更新

社会のニュースをもっと見る

13時55分更新

経済のニュースをもっと見る

14時27分更新

政治のニュースをもっと見る

13時30分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

15時24分更新

エンタメのニュースをもっと見る

15時26分更新

スポーツのニュースをもっと見る

16時13分更新

トレンドのニュースをもっと見る

10時39分更新

仕事術のニュースをもっと見る

16時10分更新

生活術のニュースをもっと見る

07時14分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索