稀勢の里、横綱で初の夏巡業参加「しっかり務める」

稀勢の里、横綱で初の夏巡業参加「しっかり務める」

 大相撲夏巡業が10日、茨城・日立市で行われ、左足首などの負傷で休場していた横綱稀勢の里(31=田子ノ浦)が合流した。

 初場所後に横綱昇進してから、初めての巡業参加。稽古場に姿を現すと、待ちわびたファンから大歓声と拍手で歓迎された。

 土俵には上がらずに「今日からしっかり稽古していい体を作ることを心がける」と、四股やテッポウなどの軽めの運動で調整。負傷箇所の回復具合については「まだまだですよ」と話しながらも、力強く四股を踏んでいた。「しっかり全うするだけ。しっかり務めることが一番」と横綱の責任を口にした。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索