稀勢の里は稽古土俵上がらずも横綱土俵入りで大歓声

 大相撲夏巡業の「かみのやま温泉場所」が11日、山形・上山市で開催された。左足首などの負傷で夏巡業序盤は休場し、前日10日の茨城・日立市から合流した横綱稀勢の里(31=田子ノ浦)も参加した。

 この日も稽古土俵には上がらなかったが、四股や若い衆相手に左四つに組む形をイメージするなど、待ちわびたファンに元気な姿を土俵下で見せた。また、綱締めの実演や横綱土俵入りで大歓声を浴びていた。前日も話していたように「やることをしっかりやるだけ」と、短い言葉の中に責任感をにじませていた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索