<大相撲初場所>◇4日目◇15日◇東京・両国国技館

人気小兵の西前頭5枚目炎鵬(25=宮城野)が、大関経験を持つ西前頭6枚目栃ノ心(32=春日野)に高々とつり上げられた。

飛び込んでもろ差しになったが、外四つの栃ノ心はびくともしない。豪快につり上げられ、足をばたつかせたが、抵抗できずにつり出された。

けがなどで番付を落としていたが、相手の怪力は予想を上回っていた。「想像していたより力が強かった。(立ち合い正面から飛び込み)ちょっとまともでしたね。左につくイメージだったけど、左で上手を取られて何もできなかった」と、肩を落とした。

前日3日目の取組で首付近を痛め、この日も付け人の手を借りて患部を氷で冷やしたが「大丈夫です」と気丈に話した。大関経験者との貴重な対戦。「今日改めて分かったこともある。(次の対戦では)また違った展開になる」と、前を向いた。