<大相撲春場所>◇千秋楽◇22日◇エディオンアリーナ大阪

三段目は西30枚目の元幕内・宇良(27=木瀬)が、南海力との同部屋決戦を制し、先場所の序二段に続き連続優勝を飾った。

かつて付け人を務めていた南海力との対戦だが「やりにくさはなかった。相撲をとるだけなんで」。差し手争いから先に仕掛け、はたき込みが決まった。南海力は「やっぱり強かったです」。大阪・寝屋川市出身の宇良はご当所で「久しぶりに大阪で相撲がとれて優勝できた。うれしいですね」。無観客の特殊な場所だったが、しっかり結果を残し、喜びをかみしめた。

右膝手術の長期離脱から復帰3場所目だった。来場所は幕下復帰が確実。関取の座へ着実に前進しているが「長いですね。時間かかるなという思い」と本音をもらした。

いまだ膝への不安は消えず「気遣いというより(ケガしないよう)気をつけている感じ」と全快にはほど遠い。業師として幕内の土俵を沸かせてきただけに「きれいな相撲をとりたい」と目標を掲げた。