大相撲春場所で11勝を挙げ、大関昇進を確実にした関脇朝乃山(26=高砂)が23日午後、大阪市内の部屋で一夜明け会見に臨んだ。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で代表者による取材のみ。春場所は史上初の無観客開催で行われたが、一夜明け会見も異例の形で行われた。

一問一答の「その3」は以下の通り。

−ここ大阪も近畿大学出身の関取には、ゆかりの深い場所。大阪で決めたことには

朝乃山 第2の故郷、大阪で決めたことはうれしいです。

−その大阪が無観客開催になったのは残念

朝乃山 本当はお客さんがいる中で勝ち姿を見せたかった。お客さんいない中で昇進が決まったのは残念ですけど、あとは新大関になって土俵の上で戦う姿を見せたい。

−亡くなられた恩師、富山の浦山先生、近畿大学の伊東先生におくる言葉は

朝乃山 大関になりました、と言いたいですし、もう1つ上の番付があるので、そこを目標にして次は頑張ります、と言いたいです。

−お二方は関取の姿を見てくれたと感じますか

朝乃山 2階席で見ていると思いました。

−伊東先生には大関、横綱を目指せと言っていた。そこも有言実行した

朝乃山 それを果たせて良かったです。

−大関でどんな相撲を

朝乃山 いつもと変わらず真っ向勝負の相撲を取っていきたいですね。

−15日間、重要な場所を無観客で取れた経験は

朝乃山 これからの相撲人生に生かしていきたいし、無観客の中で集中して自分の相撲を取れたので、それを自信に変えたい。

−一方で横綱には勝てなかった。課題などは

朝乃山 まだまだ課題はたくさんあるし、横綱に勝てるようにならないと上の番付は目指せない。しっかり稽古をして本場所で恩返しできるように勝ちたいです。

−横綱に対し自分が一番、足りないところは

朝乃山 立ち合いじゃないですか。

−もっと力強く、真っ向から行けるようにと

高砂親方 それが分かっていたら苦労はしない。今、問われてね、本人は答えられない。俺でもやっと答えられるかな、というところだと思う。やっぱりスピードもあるだろうし、経験というのもあるだろうし、それをやっぱりカバーしていく、積み重ねていけるからこそ、関脇に上がって大関に上がっていけるわけですよ。ここまでは俺も経験しているけど、この先は俺も経験したことがないから、ある意味、想像でしか言えないけど、そこの段階にきて、そこからまた変わっていかないとだめだな。そこからまたもう1つ、力をつける、経験を増していくことが必要。これは、聞く側とか見る側は意外と簡単に言うかもしれないけど、やってる方は結構、しんどいと思うよ。たぶんまだ、それが分かってたら横綱に負けてないよ2人に。どっちかに勝ってるかもしれないと俺は思うよ。そこは朝乃山に足りないところ。それと、これからは負けることがニュースになるわけだから、そこをしっかり頭に入れておかないと。地位というものの重さをこれからは感じると思う。もちろん関脇でも感じると思いますよ。でも、その比じゃない、大関とかその上は。そうゆうことを少しずつ勉強していくことだな。