鹿児島実・松沢隆司元監督が死去 教え子に遠藤ら

鹿児島実・松沢隆司元監督が死去 教え子に遠藤ら

 多くの日本代表やJリーガーを育てた鹿児島実サッカー部元監督の松沢隆司氏が11日夜、多臓器不全のため鹿児島市内の病院で亡くなった。76歳だった。

 66年に監督就任。代名詞ともなったマイクロバスの全国遠征など熱血指導で強豪校に育て上げ、全国高校選手権2度、全日本ユース1度の優勝に導いた。定年後も総監督として指揮したが11年に退任した。教え子にはMF遠藤保仁(ガンバ大阪)、MF松井大輔(オドラ・オポーレ)、前園真聖氏、城彰二氏らがいる。鹿児島市の玉泉院中央会館で12日午後7時から通夜、13日正午から告別式が行われる。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索