青森山田高サッカー部が15日、青森市内で「全国大会祝賀会」を開き、日本協会の田嶋幸三会長(62)ら関係者約600人が出席した。

昨年12月には高円宮杯U−18プレミアリーグファイナルで名古屋U−18に勝ち、3年ぶり2度目の優勝。今年1月の選手権でも準優勝。田嶋会長は「プレミア優勝は真のNO・1。柴崎選手、室屋選手ら、W杯や五輪出場選手を送り出してくれた黒田監督やスタッフにも感謝。サッカー界を代表して御礼したい」とあいさつした。J1浦和での活躍も期待されるMF武田英寿(3年)も「青森山田で学んだことを次のステージで生かしたい」と将来の日本代表入りを誓った。